×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  お洋服のお手入れ

お洋服のお手入れについて

このはな百貨店のお洋服一点一点は、基本的に自然素材の綿や麻などを中心に取り扱っております。
商品についてはそれぞれ細かな検品をしておりますが、洗濯に関しては、海外製品のため、日本の洗剤や柔軟剤を使用する場合は色落ちなどがあります。個別洗濯や手洗いなど初回のお手入れの際には特にお気をつけください。

どんな風に洗えばいいの?

どんな風に洗えばいいの?

髪の毛やお肌と同様に優しくお手入れしてあげましょう!
上品な光沢のあるもの、肌触りの良いものなど、様々です。
まずは、洗濯表示を確認してみましょう。
素材の特性によって、洗濯をしますと少し縮む場合がございます。
洗濯の過程で傷みの原因となるのが、衣類同士の摩擦です。
光沢のあるものほど、摩擦で傷んでしまった時は、取り返しのつかないことになりますので、注意してください。
摩擦する面が見えない裏側になるように、裏返して洗濯をします。
また、干す際も裏返したままでOKです。
日が当たってしまった場合などの色あせを防ぐことができます。

洗濯の準備

洗濯の準備

まず、他の衣類と分けます。
衣服を裏返してください。海外製品なので、色落ちなどがあるため、デリケート専用の洗剤を準備してください。
シルク素材であれば普通のシャンプー(無香料)で代用できます。
(シルクと髪の毛は、同じタンパク質から構成されているので、普通のシャンプーをご使用いただいて大丈夫です。)

洗濯の方法

洗濯の方法

洗濯機であれば、ドライコースを選択してください。
洗濯機を使わない場合は、手洗いの押し洗いをしてください。
めんどくさいと思わず、いつも自分の素肌を守ってくれているお礼と思って、優しく洗ってあげてください。

①基本は、押し洗いで、水道水またはぬるま湯(30℃以下)を準備し、適量の洗剤を溶かし、優しく押し洗いをしてください。
※注)この時、柔軟仕上剤は、繊維の片寄りや、縫目の滑脱の原因になるため、ご使用をお控えください。
また、漂白剤の使用もお止めください。

②すすぎも、洗い同様に押し洗いで、水道水かぬるま湯(30℃以下)を、2~3回交換して洗ってください。

③洗った後は、すぐに手で軽く水を絞り、形を整えて干してください。手で軽く引きのばすようにするとシワが目立ちません。形を整え、裏返しで、陰干しをしてください。
※注)変退色の原因となる日光干しや、毛羽立ちの原因となるタンブル乾燥機のご使用は、お控えください。

乾燥の方法

乾燥の方法

一日ハンガーで干したら、シワがなくります。
アイロンをかける時は、生乾きの状態で(乾燥している時は十分湿らせてから)当て布をして、低温(150℃以下)で、衣服を裏側からおかけください。

保存の方法

保存の方法

直接生地に当てないように、防虫剤をお使いください。
多湿、風通しの良くない所や直射日光が当る場所はお避けください。
また、乾燥剤、化粧品、香水など科学物質が直接付くことをお避けください。
変色の原因になります。
もし付いたら、すぐ洗い流してください。